覚書2・小さい動きでの双心一体

0

    今週は仕事でも私用でもバタバタしています。

    やっと時間が取れたので先日の「覚書・座位での合気上げ」の続きを。

     

     

    今回、合宿の中で私自身が力を入れて練習したのが「双心一体」。

    写真はその動きを小さくしたバージョンです。

     

     

    双心一体のおさらいとして、まず、相対した相手に対して

    相手を左に崩したければ、相手の右斜め側面に足を運び、左に崩していく技。

     

     

    初期は相対した相手に対しての足運びを大きく使い練習していくのですが、

    何千回と練習していくとほとんど動かなくても相手に重みをかけ崩すことができるようになります。

     

     

    合宿ではいろいろ確認しましたが、徳島と大阪の皆さん、やりこんでいますね。

    その中で技を小さくした時に少し上手くいかなかったポイントを三つほどピックアップします。

     

    その三つとは

    \榲

    ⊇猗

    どこに

     

     

    \榲

    動きを小さくした時、大きい重心移動の中で技をかけませんので、

    どうしても、相手との関わり合いを強く保つ為、力みが入ってきます。

     

     

    力んだ肩と肘の力みを抜いた時に、

    接点である手首までダラーとなってしまいやすい気がしました。

     

     

    自分の重心移動や重みを相手に伝える為、

    力みは伝わりを阻害するものです。

     

     

    だからと言って、相手と自分の関わり合いを保つ”接点”である手首の形を

    保てなくなるぐらい力を抜いてしまうと何も伝わらなくなってしまいます。

     

     

    これ、結構、簡単なようで難しく、練習の中でいろいろしたように

    「張りを保って力みを抜く」だけでも技として成立するほど、奥深いもの。

     

     

    ですので、最初のイメージとして何でもよいと思うのですが、

    「放水ホース」のような感じで水の出口であるホースの先端がふにゃっとならないように

    イメージして練習を重ね、接点の所を通して相手と自分がくっついている感じになればと思いました。

     

     

     

    ⊇猗

    相手に手を取ってもらう時、ただ手を握ってもらうのか?

    こちらが万全の状態で取らすのか?で技のかかり方がかなり違います。

     

     

    練習で動作を覚えなければいけないので仕方ないと思うのですが、

    手を取ってもらう→自分の状態を整える→仕掛ける

    という流れになって技にかかって貰えないことが多いように思いました。

     

     

    ではなく、

    自分の状態(手を取らす状態)を万全にして→手を取らす→仕掛ける

    に技への流れを変えると上手くいくと思いますし、

    現にうまく技がかけれている時はおのずとこの流れになっています。

     

     

    皆さんを見ていると流石、週一で時間みっちりと

    隙間なく練習されていますので、かなり体は出来上がっています。

    出来上がっているとは、自分の体の動かし方など考えなくても

    勝手に動けるようになっている、動きが一本に繋がっているのです。

     

     

    せっかく、出来ている(万全になっている)のに、手を取らせた時から

    仕切りなおす癖やどう動くかを考える癖がジャマをして体を崩しているような…

     

     

    ですので、そのままの状態で何もせず取らすと

    手順は手を取らす→仕掛けるに省略できると思います。

    いろいろ、考えず「相手をみて、張り出した手を取らす」ようにして

    できた時の感じを重ねていけば、もっと瞬殺できると思います。

     

     

    ↑ちなみに奥の私の技は相手(高橋さん)が手を握る寸前に

    技を仕掛けています。簡単に言いますと握っているけれど、

    自分の力が最大限で出る所(固定できる所)で握らせていません。

     

     

    このような技が成立するのが、先ほどの流れで仕掛けるということ。

    こちらから仕掛けること(取ってもらうのではなく、取らすこと)が

    必要となりますので、皆さんも普通にできますので、試してみてください。

     

     

     

    どこに

     

    双心一体はどこに何をして作用さすのか?

     

     

    ここを理解していくと

    動きを小さくした時のどうするのか?

    のポイントが分かると思います。

     

     

    しかし、何も難しく考える必要はありません。

    いつも、していることを「どうシンプルに理解するか?」ということ。

     

     

    四本足のちゃぶ台か軽い机の端っこを持ち上げ、

    傾けて二本足となった机の重心をどう傾けていけばいいのか?

    考えておけば理解がすすむと思います。

     

     

    ・二本足の片側にどうすれば重心を偏らすことができるのか?

    ・そのルートは?

     

     

    机を人間に見立ててシンプルに理屈を考えます。

    これを理解していくと体をどう動かせばいいのかも理解がすすみます。

     

    これ、私が柔術の相手の居着かせ方など

    考える時などに使っていた一人練習方法です(爆・笑)

     

     

    まぁ〜机に反射がかかって居着いたり、

    反応してリアクションを取ってくれる訳ではありませんが、

    その理屈をシンプルに考える時、分かりやすいかと…

     

     

    たまには机に対して体術で動いてどこに重心をかけていかなければいけないのか?

    動いて確かめたりもしちゃったりして…端から見てると変態ですね(笑)

     

     

    生身の人間だとリアクションされますが、

    物を使うとシンプルで分かりやすいと思います。

     

     

    一度、試してみてくださいね(^^)/

     

     

     

     

     

     

    【おまけ】

    スタート!

     

     

     

    昼飯たべた後もすぐスタート!好きやなぁ〜と

     

    迫力のあるスパーリングに思わずゴクリ…

     

     

    懇親会にて。会場は当然「豚太郎・松茂店」にて

    おとなしく飲んでいたけれど、お決まりの例の…

    言わなくても分かる人には分かる(笑)

     

    キープがいつの間にか、一升瓶に(笑)

     

     

    そして、宿泊場での夜中の稽古に流れていきます。

    正直、何をしたのかおぼろげで(笑)。

    朝、あった時のkuwaさんyamaさんは充実感一杯で。

    何かいい練習を一杯したよう(笑)。

    たくさん、酒買って飲む予定が全然、手がついてなくて…

    聞くと「ずーと動いて練習してましたよ〜」的な…

    良かった良かった(笑)

     

     

    そして次の日…

    二日目、暑過ぎて一時間でバテバテに…

     

     

    何とかバテバテを座位の技でごまかしてやり過ごしました〜(笑)

    チャンチャン♪

     

     

    「お疲れさまでした〜!

    また、練習場でお会い致しましょう!」

     

     

     


    覚書・座位での合気上げ

    0

      柔術の徳島と大阪の合同合宿に

      二日間、参加して練習してきました。

       

       

      ↓その模様はこちら↓

      徳島大阪合同合宿 その1

      http://kenshin.takoaki.com/?eid=298

       

      7月29日合宿スタート!

      http://yamato-dojo-osaka.blog.jp/archives/1067132333.html

       

       

      徳島と大阪の同好会長、sakedukiさんとYOSHIさんが

      ブログに合宿の様子や内容を書いて頂いていますので、

      こちらには、私がした練習の覚書やポイントを書いておきたいと思います。

       

       

      今回、私が集中して練習したのは

      「座位での合気上げ」と「動きを小さくした双心一体」。

       

       

      ↑もう最後の方での撮影でしたので、上げ疲れて背中と腕に緊張が…笑

       

      座位での合気上げ(受けが跪座バージョン)はあんなに時間をかけ

      回数、練習したことがなかったもの。

       

       

      たぶん、トータルで100回ぐらいは上げているのかなぁ〜と思います。

       

       

      正座のできる大阪のyamaさんに集中してお付き合い頂いたのですが、

      yamaさんにも上げる練習をしてもらって、あれぐらいであればすぐ、

      2〜3回でできるようになっていましたので、考えていたポイントは正しいのかと(^^)/

       

       

      方法のバリエーションこそ数種類あるのですが、

      結論としては「〇〇げて上げる」だけでOKです。

       

       

      何を〇〇げるかは内緒ですが、

      人間の体はそんな突拍子もない動き方はしませんので、

      ちゃんと反応してくれて軽く上がる感じの所が正解かと。

      (練習でした寝っ転がった人間の腕から〇〇した時、軽く起きた感じを思い出してください)

       

       

      ↑応用すれば上げてから横に崩すこともできます

       

       

      後は回数練習して、当てすぎないようにうまく工夫をしてもらえればと思います。

       

       

      取りの体のポイントは腰は使わず、目線は最後の所を見ておくということ。

      ここに細かくは書きませんが、yamaさんには伝えてありますので…

      yamaさんに聞いてくださいね。

       

       

      もう一つのポイントは受けの人。

      受けが肩で切れていたり、腰で切れているとただ、手が上がる、

      もしくは腰が伸びて途中で崩れるだけになりますので、

      最後まで持ち上がるのは受け次第の所もあると思います。

       

       

      受けはキッチリ、手を体全体で抑え込むことが大切です。

      他の技も同じですが、逃げ腰の人にはちゃんと向かってもらうことが必要です。

       

       

      上げるのが上手くなれば、そこまでしなくてもちょっと向かってもらうと上がると思うのですが、

      上げる感覚を掴むため、最初は受けの状態もも注意して練習してみてください。

       

       

      まぁ、何だかだと言って実際、手を取って練習しないと書いてある意味が分からないと思いますが、

      練習すれば私でもyamaさんでもできる、一人でも具体的にできる人がいると言うことが大事だと思いますので…

       

       

      今の私の合気上げがレベル1としたら、

      まずは簡単なレベルの状態から初めて、成功体験をたくさん積み、

      難しい条件に少しずつレベルを上げてチャレンジしてみるのがポイントです。

       

       

      yamaさん、大阪で座位の合気上げマスターとして

      皆さんに教えてあげてくださいね。(^^)

       

       

      受けも正座バージョンの合気上げは、ちょっとした反射を相手にかけるだけで

      勝手に相手が上がってくれますので、すぐ、分かったと思います。

       

       

      ポイントは受けがしっかり取りの手のひらに圧をかけること。

      これもできればどんどん、圧力を下げてどこまでが許容ラインかを

      実験して確かめておいてくださいね。

       

       

      ↑応用。前から後ろへ連結バージョン(遊びです・笑)

       

       

      続きは時間がある時に書きますので、

      少しお待ちくださいませ。<(_ _)>

      (その時に今回、失敗する時に目立った接点のポイントについても書きますので…)

       

       

       

       

       


      いつも同じようなこと書いているような…(汗)覚書です(笑)

      0

        日曜日、また、久々に柔術の練習に参加してきました。

        今回は私を含め、5名での練習となりました。

         

         

        私、来月は参加できないと思いますので、

        今回、練習したことの要点を書いておきます。

        また、練習の参考にして頂ければと思います。

         

         

        【今回、練習(確認)したこと】

        ,△襪海箸鬚垢襪海箸如⊆分にテンションを入れさせない

         

         

        まず、手を畳の上や壁に置いてもらい、

        その上に拳を置き、全体重をかけてもらいます。

         

        何もしないと当然、痛いし、

        全体重をかけてもらっていますので動きません。

         

        まず、何もしないと動かないことを確認し

        一度、拳を外してもらい、再度、置いてもらう時にあることをします。

        (練習に参加された方はお分かりですね)

         

        すると、痛くなく体重が乗らない状態に。

         

        そこから、相手を動かしてコントロールしていくのですが、

        ここでワンポイント!

         

        接触した所を動かすのではなく、

        遠い所から動かすと相手をうまくコントロールできるということ。

         

        落ち着いて確認しながらいろいろなパターンをしてみて、

        「ああ、こういうことができるんだなぁ〜」と感じて、

        誰にでも再現ができるようになれば、OKです。

        (決して、現象が面白いからとそればかりに囚われないように、練習をするのがいいのかもしれません。一つのやり方だけに囚われると応用が利きませんので…技をしかける為の一つの要素(ポイント)として考えてください)

         

         

        ⊆分がリラックスしてニュートラルな状態になる

         

         

        技をしかけることに早るのではなく(硬く構えるのではなく)、

        まずは自分が楽でリラックスして動ける所で待ってください。

         

        ネット上でもいろいろな方々が言っていることでありきたりですが、

        相手より有利な状態で手なり指なりを取らすことが大切です。

        (,發海両態で練習するのが大切かと…)

         

         

        キチンと相手と〇〇がる

         

        これないと何も現象がおきません。これありきです。

        ある意味、,皚△睥匹ぁ察擦り状態を作る為のお膳立てです。

         

         

        ぁ察擦りを維持したまま、小さい動きで力を送りコントロール(崩しをかける)

         

         

        今回は特に今までの体術の練習と違い、

        より小さい動きで技をかけていくということの練習になりました。

         

        これをすると、より細かい精度で〇〇がり感を維持した練習ができます。

         

        これが大変、難しかったですね。

        「維持したまま」そこを潰さず、形を変えずに、

        動かしていかないといけません。

         

        少しでも強引な感じ(ペットボトルが潰れたり、テンションが変わると)

        になると、力で止められますのでご用心。

         

         

        体術で大きく動く練習をしていると

        意識の働きかけ?イメージ?視線での動き?など、

        体の中で動きを再現することができるようになってきます。

         

        例えば「双心一体」で動いて崩す練習を重ねていくと、

        体をほとんど動かさなくても、あの動きをしようとするだけで、

        体の中にその動きを再現することができるのです。

         

        よくあるのは最初から、

        あの何もしていないような崩しだけを

        イメージで追いかけてもできるものではありません。

         

        最初は大きく動きながら、

        動きを覚えるのにつれ、

        小さくしていく練習が必要です。

         

         

        初期の体術の練習でどれだけ汗を流したか、

        反復をしたのかがここの違いに表れてくると思います。

         

         

        以前、誰だったのか忘れましたが、

        「どうやれば武術が上達しますか?」

        ということを聞かれてことがあります。

         

        その答えは「ひたすら素振りをすること(反復練習をすること)」と答えましたが、

        その方も「そんなことはわかってるよ」というような目で見られ困ったことがありました(苦笑)。

         

        でも、本当に上達するにはこれが一番の近道なんです。

         

         

        ただ、闇雲に回数をこなせばいいという訳ではありませんが…

         

        大切なのは、重要なポイントを知り、

        動きながらそこの確信に変えながら「素振り」をしないといけません。

         

         

        と、私の空手の大先輩、今回も大阪から来られていたYOSHIさんと

        こんな内容に近い話で盛り上がりながらの練習をさせて頂きました。

         

         

        【おさらい】

        .謄鵐轡腑鵑鯑れさせない

        ⊆分がリラックスし安定した状態で取らす

        〇〇がる(*何度も言いますがこれありきです!どこに〇〇げたら効果が出やすいかは練習で試してみてください)

        ぁ察擦りを維持しての体術(できれば小さく。大きく動いて確認してもOK)

         

        今回の練習でした 銑い泙任

        複合して使うと、精度が高まり、

        もっと、簡単に面白いことができると思います。

         

        技術で「この場合はこう動けばよい」「こうなればこうすればよい」ということを追いかければ

        物凄い数のパターンを覚えないといけなくなります。

         

        ではなく、よりシンプルに、

        枝葉ではなく、幹の部分を習得・応用していく段階に

        徳島・大阪の皆さんは近づいているのかもしれません(と、私は感じています)。

         

        7月の後半には「合宿」がほぼ決定ということで、

        面白い練習スケジュールをsakedukiさんとYOSHIさんに組んでもらえると思いますので、

        今から楽しみです!(私は宴会部員、賑やかし部員ということで・笑)

         

        たくさんの方々と練習し情報を共有できればと思います。

         

         

        さて、今回もいろいろ、体のことや体術、〇〇がり感、

        〇〇がりの維持、送り方、とらえ方など、

        盛りだくさんの練習ができ、確認も取れ楽しい練習となりました!

         

         

        最後に会長のsakedukiさんからはハワイのお土産を。

        YOSHIさんからもお土産を頂きました。

         

        sakedukiさん、YOSHIさん、

        ありがとうございました!

         

         

        では、皆さん、

        また、次回、お会いする時を

        楽しみにしています!(^0^)/

         

         

         


        自転車と柔術

        0

          わたくし、毎日、自転車で通勤しています。

          家から仕事場まで10分。

           

           

          以前から自転車に乗りながら思っていたのですが、

          サドルにお尻を乗せる…ハンドルを握る…そして、走る…

           

           

          自分では自動でバランスを取って走っていますが、

          結局、この状態が、YOSHIさんの言う「あれ」を維持している状態かと思うんです。

           

           

          ハンドルに置いている手も力んで握っている訳でなく、

          置いているけど、自立させている訳でもなく…

           

           

          曲がる時にハンドルを切るのですが、

          腕で切っている訳でなく、重心バランスを傾けながら曲がっていく訳で…

           

           

          柔術で腕を捕まれたり、引いたり押された時、

          「あれ」を維持したまま、そこを動かさずに、”自分の体を操作しながら”、

          ”相手の体を操作”しますが、これって自転車の操作とよく似ているのでは!?

           

           

          ということは、通勤の行ったり来たりで、

          柔術の「あれ」を維持して操作をする感覚を磨いているようなものかも…

          と、感じています。

           

           

          こんな取り留めないことを考えながら、

          通勤を楽しんでいる今日この頃です(笑)

           

           

           

          感じ方は人それぞれですが、

          「この感じは凧揚げと一緒かも?」

          「これはバイクの操作と同じかも?」など…

           

           

          茶碗を持つ…

          お箸を持つ…

          けん玉で遊ぶ…

           

           

          何でも良いと思いますが、特別なことと難しく考えるのではなく、

          日常で使っている感じとリンクすることができれば、

          常に楽しく感じを磨いて行けるのでは?と思っています。

           

           

           

           

          昔、読んだ武術の本に

          「柔術で相手を投げるのは羽織を羽織るのと同じこと」

          かなり昔の読んだ記憶なので定かではありませんが、

          こんなことが書いてあったような…

          (間違っていたらごめんなさい<(_ _)>)

           

           

          自転車に乗るのもバイクに乗るのも、

          乗れてから、林道を目指すのか、スピードにこだわるのか、

          目指すものが違えども、チャレンジしようと思えば、更にその先があります。

           

           

          乗れる感覚をクリアーしてからも、

          更に奥が深いということで…

           

           

          でも、どんなに操作がシビアでも「あれ」を維持するのは

          変わりようがなく、変えようがなく、そして、これ抜きでは何もできず…

           

           

          原理とはシンプルなものですね。

           

           

           

           

           

           

           

           


          久々に面白かったです

          0

             

            日曜日、久々に柔術の練習に参加してきました。

             

             

            今回は大阪同好会、会長のYOSHIさんも来られ、

            徳島同好会、会長の酒月さん、YOSHIさん、mさん、

            そして、私の4人での練習となりました。

             

             

            ただ、足悪い組(笑)のYOSHIさんと私は

            ほとんど、見取り稽古状態…(笑)

             

             

            受けを取らず、

            技をかけるばかりに専念させて頂きましたm(_ _)m

             

             

             

             

            ペットボトルネタは

            あの時いた方々だけに解るように

            忘れないように書き込んどきますね。

             

             

            まず、二人にペットボトルを押してもらいましたが、

            コツはペットボトルの真ん中に力が○り○うように

            コントロールすることです。

             

             

            二人が押し合い○○された所で、

            その状態を変えずに動かせば

            二人をコントロールできます。

             

             

            なぜなら、二人が○○っているから。

             

             

            この○○いを維持しておけば、

            コントロールや崩しなどの目的に応じて

            いろいろできると思います。

             

             

             

             

            さて、この○○を使い(と言っても至極、簡単な力学ですが)、

            二人がけ、四人がけの時に使って、試してもらえればと思います。

             

             

            二人がけの時は横を合わせ、

            四人がけの時は、まず、横を合わせて

            その後に、縦を合わせ、分解して組んでもらうと練習しやすいかなぁと…

             

             

            三人の時は「三ツ矢サイダー」かな(笑)

             

             

            後は○○った所を崩さずに動いてコントロールする、

            もしくはそのバランスをずらせば、回転させたりもできるでしょう。

             

             

            この○○を使い二人で練習する時もできますので、

            いろいろ、試してもらえればと思います。

             

             

            いきなり、ランダムに組むのは訳が分からず、難しいので、

            分けて簡単な所から徐々に増やしていくのが上達のポイントかなと…

             

             

            難しくすることはいくらでもできますが、

            やはり、理屈は単純・簡単でないと使えませんものね。

             

             

            また、次回に少し空きますが、

            楽しく練習できることを楽しみにしています。

             

             

             

             

             

            それにしてもmさん、

            熱心に練習しているだけあってうまくなっていたなぁーと…

            いい感じですね!

             

             

            もう、触ると相手と○○○っているので、

            構えてから、取り直すのではなく、

            そのまま、狙っていけば、二度手間にならず大丈夫だと思いますので、

             

             

            今度はタイムラグないようになる練習をされればいいと思います。

            まぁーその辺は、酒月さんが上手く教えられていますので。

            会長にたくさん、いろいろ、教わってくださいね!

             

             

            また、参加した時は、上達したお二人を

            見取り稽古をさせて頂きますので(笑)。

             

             

            久々に楽しかったです!

            また、宜しくお願いいたしますm(_ _)m

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             



            PR

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 先週の土曜日は…
              長町
            • 先週の土曜日は…
              marorin
            • お盆休みも終わり…
              長町
            • お盆休みも終わり…
              YAMA
            • お盆休みも終わり…
              長町
            • お盆休みも終わり…
              YAMA
            • 麺屋 國丸(くにまる)徳島北島店
              長町
            • 麺屋 國丸(くにまる)徳島北島店
              YOSHI
            • 覚書2・小さい動きでの双心一体
              長町
            • 覚書2・小さい動きでの双心一体
              YAMA

            recommend

            links

            profile

            書いた記事数:205 最後に更新した日:2017/09/18

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM